FXの口座開設してデメリットになることってあるの?

FXの口座を開設して、デメリットになることはあるのでしょうか?口座を開設したところでお金が必要な訳ではありませんし、維持費の心配もないので、デメリットは無いと考えます。
ですから、FXに興味を持っている人は取引するかどうかはひとまずおいて、口座だけ設けてみるのもいいかと思います。
通貨証拠金取引をする際に、貨幣の売り買いのタイミングを判断する判断材料の一つとなるのが外貨の持高比率です。
ポジション比率とは取引対象通貨の組み合わせが所持されているポジションの割合を計算したものになります。
FXのポジション比率を把握するには、顧客の利益実績を公開しているFX取引を目的とする企業のサイトをみてみるとよろしいでしょう。
株式の取引は自動的に税金を持っていかれていく特定口座があるのに対し、FXトレードの場合はまだ特定口座がないので、自ら税務署に税金を納める必要があります。
だけど、計算間違いや、つい忘れたりして脱税してしまう過失が増加しています。
税率が株式と同等程度となったFXの場合でも特定口座制度を設けることが期待されています。
FXには専門用語がいくつか存在しますから、FX初心者の方は頻繁に使われる専門用語を覚えた方がいいです。
外国為替証拠金取引のポジションもFX投資の際に専門用語の一つとして、頻繁に使われます。
ポジションとは、直訳すると「位置」ですけれども、FXにおいては「持ち高」のことを意味します。
持ち高という専門用語の意味は、その人が通貨を持っている状態のことをいいます。