FX取引における逆指値注文とは?

今からFX取引を行う人には、成行注文と指値注文の他に、逆指値注文について理解しておくことをおすすめします。
逆指値注文の特徴は、指値注文とは逆の注文を出すというところにあります。
しかし、FX取引で利益を確定させるためには、逆指値注文が大きな役割を果たします。
逆指値注文は、成行注文や指値注文によって保有しているものが大きな損失となってしまわないように抑制する役割があります。
その場合に、逆指値注文を行っていれば、損失を最低限に抑えることができます。
そんな人にも、逆指値注文は有効です。
仕事や外出などでインターネット環境が確保できない時も、忙しくて相場チェックが難しい場合も、逆指値注文を入れておけば、自動的に注文して、取引を行ってくれるでしょう。
このように逆指値注文は、相場のトレンドに乗りやすくなるという特徴があります。
上昇トレンドや下降トレンドになったときに、その状況にうまく乗れるためには、逆指値注文が欠かせないことを覚えておいてください。
他にも、逆指値注文は一定の利益を確保しながら、損失を確実に止めることも可能です。
また、相場が予想通りに推移した場合は、逆指値をつりあげていきましょう。