TPSって何?

TPSとはシューティングゲームに属するジャンルのゲームです。

「Third Person ShootingGame」の略称で、日本語に訳すと「三人称シューティング」となります。

最近人気のあるシューティングゲームのジャンルにFPSというものがあります。

これは一人称シューティングというもので、プレイヤーがキャラクターの視点に立ってプレイするスタイルのゲームとなっています。

それに対してTPSはプレイヤーが主人公を見下ろすなどやや離れた位置からプレイするスタイルとなっています。

ほとんどのゲームではプレイヤーは主人公の姿全体をゲーム画面の中で見ながらプレイすることになります。

戦闘機を扱うおなじみのシューティングゲームの多くはこのTPSということになります。

このTPSの場合、キャラクターの動きを掴みやすいという特徴があります。

またプレイヤーの周囲で何が起こっているのかも確認しやすいためFPSに比べてプレイしやすいタイプといえそうです。

一方、プレイヤーと視点を共有するFPSと比べて臨場感に欠ける、射撃などの攻撃を正確にできないという弱点もあります。

グラフィック能力の向上もあって最近ではよりリアリティに富んだFPSの方に人気が集まっている傾向が見られます。

伝統的に日本のシューティングゲームはTPSが多く、アメリカではFPSが多いという特徴もあります。

なお、FPSとTPSを随時切り替えられるタイプのゲームもあります。

このように、視点が違うだけでもゲームのイメージがずいぶんと異なってくるのです。

TPSはオーソドックスなスタイルのシューティングゲームが多いジャンルといってもよいでしょう。