アロマテラピーとは

フランス語を語源にもつアロマテラピーは、精神をリラックスする事で体調を整える健康療法のことです。

例えば、良い香りがするラベンダーなどの花の香りを楽しむと、一瞬でとても幸せな気分に浸ることが出来ますよね。

それが、アロマテラピーのメカニズムです。

アロマテラピーの多くは、花などの自然の香りを活用して、幸せなひと時を過ごす事でストレスを解消したり、精神的な疲れをスーッと解消するような効果があるといわれています。

フランスで誕生したアロマテラピーは、実は偶然の産物だったことはご存知ですか?フランスの科学者が実験をしている時に火傷をおい、近くにあったラベンダーオイルをかけたところ、著しくやけどの回復が早かったのだそうです。

そこからアロマテラピーが誕生し、現在では世界中で美容トリートメントなどとして利用されています。

アロマテラピーはエステサロンなどでも利用されていますが、基本的にニオイを楽しみながら精神的なリラックスをするのがアロマテラピーなので、エステでのアロマテラピーは肉体的にもリラックスできるマッサージなどと組み合わせて利用されることが多いようです。

例えば、リンパマッサージなどを行なう際に使うオイルがアロマオイルだったりすれば、マッサージを受けている間に良い香りで精神的にリラックスできるでしょうし、体もすっきりと軽くなりますよね。

アロマテラピーは嗅覚を刺激する事でリラックス効果を誘発するトリートメントですが、毛穴の中から血液の中にアロマオイルの成分が浸透するため、アロマオイルの成分によっては健康にとってもプラスの効果が満載なのだそうです。

ぜひお試しください。